✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

卵と砂糖不使用、人参とバナナの米粉蒸しパン
IMG_8633



卵なし!
お砂糖なし!

自然の甘さの米粉の蒸しパンです♡


バナナ入りなので、大人が食べても優しい甘みでほっこり美味しいです♪(´ε` )



でも、最初に言っておきます!!!

このレシピ、失敗なく、ふんわりモチっと作れるよーって100%言えるレシピではないのですm(_ _)m


どういうことかというとね、、、

米粉を使った蒸しパンは、薄力粉よりも膨らみにくかったり、ベタつきがちなんです。


米粉によってもクセが違って、水分を含みやすかったり含みにくかったり、もちもちしっとり仕上がりやすい米粉だったり、サクッとふわっと仕上がりやすい米粉だったり、とにかく米粉によっても個性がいろいろ。

でも私はまだ、蒸しパンならこの米粉がベタつきにくい、ってのを見つけられていなくて模索中なのです。



それから、なんて言ってても、生地にバナナと人参すりおろしを多めに混ぜ込んでいるこの生地は、普通に米粉だけで作るシンプルな蒸しパンよりもベタつきやすいんです。

米粉はただでさえ、薄力粉の蒸しパンと比べてもちっと仕上がるんですが、バナナや人参などのとろみのある食材をまぜると、さらにもちっと(ベタッとに近い?笑)してしまうのです。



ちなみに、6個作ってまだ3つしか食べてませんが、2つはふんわりモチっとできていて合格!

(それでもちぎると手につく感じ)


1つはベタベタで不合格!


(でもおちびはどちらも食べてくれた♡笑)




また、米粉の蒸しパンが膨らまないーっていう失敗もよくあることなんですが、蒸し器の水をあらかじめ沸騰させておき、強火で蒸すと膨らみ、米粉でも表面がパカっとします。

もちろん、途中で蓋を開けると温度が下がるから特に蒸しはじめて7分くらいは開けちゃダメです。



また、膨らみやすくするために最後にお酢を少量入れてあげるとシュワーってすぐ反応して膨らみやすくなりますが、今回はお酢入れていません。




ベタつきは、ネリネリ混ぜないでさっくり混ぜると、ベタつきにくくなります。




というわけで、こんなんでもよければお試しください♡

そしてこうなったよーとか、ベタベタ具合とか、こうしたらこうだったよーとか、色々教えてもらえるとありがたいです♪(´ε` )








それでは作り方です*



IMG_8631

卵と砂糖不使用、人参とバナナの米粉蒸しパン

   材料*写真の分量    
・米粉   100g
・牛乳   100cc
・潰したバナナ   40g(バナナ1本の約半分)
・すりおろし人参   40g(人参1本の約半分)
・ベーキングパウダー   小さじ1(4g)
・愛情


  詳しい作り方   

1潰したバナナとすりおろし人参を混ぜ合わせ、牛乳と混ぜる。
IMG_8612



2.ベーキングパウダーと米粉を混ぜ合わせてから、(できればふるいにかけると良いですが、面倒なので私はふるわなかった。これがだめなのか?笑)1と合わせゴムベラで切るようにサックリ混ぜる。
IMG_8615



3.蒸し器の水を沸騰させておき、カップに入れて強火で12分〜蒸す。
IMG_8616

途中で蓋をあけない。
水気が垂れないように蓋に布巾をかませると良い。
↑布巾は私はやりませんでしたが、水気は垂れなかった!ティファールの圧力鍋に蒸しカゴがついているので、ティファールの圧力鍋で蒸しました。


4.完成。
IMG_8618



   こんだて NOTE   
他にも米粉を使ったレシピあります。
モチモチの出来上がり。

モチモチがお好みじゃないお子様には、薄力粉で作ってあげると食べやすくなります。



IMG_8783





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

朝ごはん
IMG_8516
取り分け、ツナとコーンのバター醤油炊き込みごはんおにぎり→レシピ☆★
⿻けんちん野菜
⿻炊飯器さつまいも→レシピ☆★
⿻お豆腐
⿻トマト

炊き込みごはんは、夜ごはんに大人と同じものを食べ、残りを冷凍ストックしたものです。
少し薄味なので大人は塩をふると美味しいですが、我が家ではおかずがあるのでそのまま大人も同じのを食べました。

けんちん野菜は、お義母さんのお手製です。レシピよく聞かれるので、詳しく聞いてきました。
↓↓
ごぼうと蓮根は下茹でをしているので柔らかい
煮汁は少なめに。
白だし、酒、みりん、醤油、味噌で煮ている。
具材は、鶏もも肉、ごぼう、蓮根、里芋、人参、大根、椎茸。今回は玉ねぎも。
だそうです(๑╹ω╹๑ )
白だし、酒、みりんは、あまり離乳食にはわざわざ使わない人がほとんどだと思いますが、これが美味しさの秘訣でもあるみたい。
離乳食用に作るなら、白だし、酒、みりんを省いて、合わせ出汁をとるか、無添加出汁パックにすると良いと思います(o^^o)(o^^o)
味噌と醤油は、大人の1/3くらいだそうです。

お豆腐もトマトも、冷蔵から出してそのままあげています。



夜ごはん
IMG_8513
⿻肉味噌キャベツ丼→レシピ☆★
⿻けんちん野菜
⿻トマト
⿻きゅうりの塩もみ
⿻炊飯器かぼちゃ→レシピ☆★
⿻ゴールドキウイ

肉味噌キャベツ丼は、大人から取り分けて冷凍ストックしていた肉味噌キャベツあんかけです。

大人ごはんはお手抜きごはん✧
おちびも冷凍ストックからでした。


IMG_8514
大人ごはん、これと冷凍ピザでした。笑




✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜大人まで、炊飯器で炊き込みチキンジャンバラヤ
IMG_8581
▒使用する調理器具▒
炊飯器
(トースター)



炊飯器に材料ドーンで炊ける、大人も子どもも美味しい炊き込みごはんシリーズ、なんともう第9弾です♡♡♡


今回のレシピは、ジャンバラヤ!
ジャンバラヤといえば、お米にソーセージや鶏肉や玉ねぎなどの野菜を合わせて、ケイジャンスパイスベースの味付けで炊いたごはん。

ケイジャンスパイスは、タコス系のチリ風味でピリっとしている、いくつかのスパイスを合わせて作られているもの。


今回はおちびも食べるからケイジャンスパイスはもちろん使えず、むしろ持ってないし笑  ジャンバラヤにの隠し味に使われることが多いセロリも主人嫌いだから使えないし笑  なんやかんやで、なんちゃってジャンバラヤなんですが、できるだけベーシックな材料と素材のもつ風味で、なんとかジャンバラヤに無理やりでも近づけたいともがいたレシピです。笑


大人だけを考えてつくるなら、ケチャップやソースやコンソメで味付けすると作りやすいんですが、今回はできるだけ調味料を抑えて炊き込みたいので、調味料はコンソメとおろしにんにくだけで炊き込みました✧

タバスコやレッドペッパーやケチャップのかわりに、生のトマトを入れています。


大人はこれだともちろん物足りないので、炊き上がってからチリパウダーで風味付け、コンソメで味付けをプラスします。

(いや、ここでチリパウダーじゃなくてケイジャンスパイスをプラスすればもっと本格的な味わいになるのよ!でもね、家にはケイジャンスパイスなくて、チリパウダーはいつもあるのよ!笑 
なので、わざわざチリパウダー買うならケイジャンスパイス買っても良いと思います!
ケイジャンスパイスは、お肉や魚にふりかけておいて、焼くだけで簡単にバーベキューにも大活躍のスパイシーな味付けができるから、チリパウダーよりも使えるはずです!笑)

↑わたしも今度ケイジャンスパイス買ってこよう。笑



それからね、今回は鶏もも肉もごはんと一緒に炊きますが、大人の分を美味しくする一手間を、トースターでします♡
レシピに書きますので見てみてください♡



というわけで長くなりましが、大人も子どもも一緒に美味しく食べられる炊き込みごはんシリーズは、こちらからそれぞれ見られます。


パート1
(しゃけこみごはんのレシピはこちら→レシピ☆★

パート2
(具沢山鯛めしのレシピはこちら→レシピ☆★

パート3
(椎茸入りグリンピースごはんのレシピはこちら→レシピ☆★


パート4
(ツナの和風炊き込みピラフのレシピはこちら→レシピ☆★


パート5
(炊飯器で1発、ツナときゅうりのチーズ炊き込みごはん→レシピ☆★


パート6
(チキンカレーピラフ→レシピ☆★


パート7
(グリンピースとおろし人参のオレンジごはん→レシピ☆★


パート8
(オムライスにも使える、トマトチキンライス→レシピ☆★


パート9
(ツナとコーンのバター醤油炊き込みごはん→レシピ☆★




ではやっと本題!!!

なんちゃってジャンバラヤのレシピいきますね♡
↑もうはっきりと、なんちゃってと呼んでいます。笑



それでは作り方です*



IMG_8582

カミカミ期〜大人まで、炊飯器で炊き込みチキンジャンバラヤ

   材料*3合分    
・白米   3合
・鶏もも肉   1枚(300gくらい)
・トマト   1個
・玉ねぎ   小1個
・人参   1本
・赤パプリカ   1/2個
・おろしにんにく   1かけ分(約小さじ1/2)
・無添加コンソメ   小さじ2
・塩胡椒   少々

〈大人のにたす〉
・コンソメ、醤油、チリパウダー
(チリパウダーは、あればケイジャンスパイスだともっと美味しい)
・愛情


  詳しい作り方   

1白米をいつも通り洗い、角切りしたトマトから出た水分を入れてから、いつもの目盛り通りか、ほんの少し少なく水を入れて、おろしにんにくとコンソメを入れてかき混ぜる。
ここでよく混ぜないと、調味料が底にたまって焦げつきやすくなるのでよく混ぜておく)
(トマトの水分をできるだけ先に入れてから水を目盛りまで入れることで、水が多すぎてべちゃっと炊き上がるのを防ぎやすくなります)
IMG_6044



2.角切りトマト、みじん切りした玉ねぎと人参と赤パプリカ、コーンを白米の上にそおっと入れて平らにならす。
ここでは、お米と混ぜてしまうとお米に炊きムラができてよく炊けないことがあるので、混ぜないで上にのせるだけにしてください。)
IMG_8520



3.塩胡椒をした鶏もも肉を皮を下にして入れる。
(皮を下にすると皮から出る鶏の旨味をごはんが吸いやすくなるので皮を下にしています。)
FullSizeRender



4.通常通り炊飯する。炊けたらお肉を取り出し、しゃもじで切るようにして全体をほぐしながら、余分な水分をとばすようにして混ぜておく。
(これをしておくと、ごはんを冷凍した時に固まりができるのを防ぎやすくなります。)
IMG_8522


お子さん用はここで完成。
鶏もも肉もお子様サイズにカットして、皮はとってあげる。


5.大人用はお好みですが、コンソメやチリパウダー(あればケイジャンスパイス)を混ぜ込む。
我が家は山盛りお茶碗2杯分のごはんに、コンソメ小さじ2、チリパウダー小さじ2を混ぜ込みました。
IMG_8559



6.鶏もも肉は、アルミホイルに皮を上にしてのせ、醤油をぬり、塩胡椒をして、チリパウダーをふって、トースターで焼き色が軽くつくまで焼きました。
ここでも、あればチリパウダーじゃなくてケイジャンスパイスでも美味しい。
IMG_8560



7.完成。
IMG_8583

おちびさんはおにぎりに。
(鶏肉も一口サイズに切ってあげたかったんですが、この日は体調不良のためお肉はやめておきました)
IMG_8586



   Cooking NOTE   
✼ 無添加コンソメは、いろいろな種類使ってますか、この時使用したのはマギーのスティックタイプ。ちょうど一本が小さじ2です。
FullSizeRender

    
✼ トマトはできるだけ甘みがあって美味しいものが理想です。





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

↑このページのトップヘ