カミカミ期大人メニューからの取り分け

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜、蓮根と大葉のお豆腐入りつくね
IMG_1443



手前のが大人の。
奥のがおちびの。

肉だねはどちらも同じです。
すりおろした蓮根と刻んだ大葉に長ネギ、お豆腐が入った栄養満点のつくねです。


大人のは蓮根をつけて見た目も食感も楽しめます。
甘辛のタレを絡めて大人もとっても美味しく食べられますよ(o^^o)


お肉に混ぜるお豆腐の量を調節すると、出来上がりのときのかたさを変えられます。

卵アレルギーのお子さんでも大丈夫、つなぎには卵を使わず片栗粉を使用しています。


カミカミ期初め頃のお子さんは、お豆腐の割合を多くして柔らかめに作り、完了期のお子さんは、お子さんの様子やお好みに合わせて少しずつお豆腐の割合を減らしていくと、咀嚼(奥歯でしっかり噛むこと)の練習になります。


ちなみに、1歳4ヶ月の我が家のおちびは、お肉が好きだし奥歯が生えるのも早い方だったので、お豆腐は少なめの150gにして、少し固めに仕上げました。

大人も食べ応えのある食感になります。



それでは作り方です*





IMG_1444

カミカミ期〜、蓮根と大葉のお豆腐入りつくね

   材料*写真に写っている分    
・鶏挽肉   600g
・絹ごし豆腐   150g〜
・すりおろした蓮根   80g
・大葉   10枚
・長ねぎ   1本
・すりおろしたお麩   大さじ2程度
・片栗粉   大さじ2〜
・塩   ふたつまみ
・ごま油   少し

〈大人用に足すもの〉
・輪切り蓮根   適量
・(マヨネーズ)

・濃口醤油   大さじ2
・みりん   大さじ2
・砂糖   大さじ1/2
・愛情


  詳しい作り方   

1お豆腐はキッチンペーパーに包み耐熱容器にのせ、電子レンジ600wで1分半チンしてから、キッチンペーパーを新しいものにかえ、ザルの上にのせ重石をして10分程度水切りする。
IMG_1397



2.小松菜、ねぎ、大葉を刻み、鶏むねひき肉、すりおろしたお麩、片栗粉、すりおろした蓮根、水切りしたお豆腐、塩ふたつまみをよくこねる。
IMG_1399
IMG_1400



3.おちび分は少なめのごま油で両面蒸し焼きにする。油を使いたくない場合はクッキングシートをフライパンにひいて焼くとくっつきません。より柔らかく仕上げたい場合は沸騰したお湯に落として茹でてもOK。
IMG_1405



4.大人分は蓮根に片栗粉片面まぶして、つくねにくっつけて両面蒸し焼きにする。
IMG_1407
IMG_1404



6.焼けたらたれの材料を混ぜてから入れて軽く煮詰めながらカラメル。
IMG_1414



7.完成!大人分はフライパンに残ったタレも一緒に保存。
IMG_1446

おちびのは小分けにラップしてジップロックに入れて冷凍ストック?
IMG_1423


   Cooking NOTE   
✼ 大人分の肉だねには、マヨネーズを入れるとより柔らかく仕上がります。大人のと子どものを一緒のフライパンで焼く際には、大人のにマヨネーズを入れてしまうと、卵アレルギーのお子さんは危険です。
 豆腐の量や水切り加減により、肉だねの固さがかわります。片栗粉の量を増減して、まとまればOKです。
お麩はパン粉でも良いし、省いても良いですが、入れるとよりジューシーに仕上がります。



   こんだて NOTE   
この日の献立は…

IMG_1480
大人ごはんの献立についてはこちら→☆★


IMG_1475
おちびの献立について詳しくはこちら→☆★



✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜、小松菜とえのき茸のちぢみ
IMG_1447




小松菜とえのき茸と長ネギ入りで、野菜たーっぷりの栄養満点ちぢみ(o^^o)

手づかみ食べやおやつにもぴったりです。


生地には無添加の出汁パックで風味づけしています。
これです。
生活クラブという身体に安心な材料だけを使った生協のものです。
IMG_1408




鰹節で代用しても良いです。
少し手間をかけられる方は、あらかじめとっておいた鰹と昆布の合わせ出汁を、お水の代わりに使っても美味しく仕上がりますよ✧



出汁の旨味が効いているので、お子様だけでなく大人も同じものを美味しく食べられます♡

大人は家にある調味料だけでできるつけだれをつけて、さらに美味しい(o^^o)


IMG_1521




一気にたくさん焼いて、冷凍ストックしておくことをお勧めします✧

私はおちびの分は数枚まとめてラップに包み、ジップロックに入れて冷凍ストックしています。

IMG_1432




具材はお好みでアレンジもOK!
しらすやじゃこやツナなどを入れてあげても、タンパク質が補えて良いです!



それでは作り方です*




IMG_1447

カミカミ期〜、小松菜とえのき茸のちぢみ

   材料*フライパン大で2枚分    
・小松菜   1袋
・長ねぎ   1本
・えのき茸   1袋
・薄力粉   120g
・片栗粉   80g
・水   350cc
・出汁パックの中身   1袋分(大さじ1くらいでした)
・ごま油

〈大人用のつけだれ〉
・濃口醤油   大さじ2
・穀物酢   大さじ1
・ごま油   小さじ1
・おろしにんにく   小さじ1/2
・豆板醤   小さじ1/2
・愛情


  詳しい作り方   

1小松菜、えのき茸、ながねぎを細かく刻んで、薄力粉と片栗粉と混ぜ合わせてから、出汁パックとお水を入れてまぜる。
IMG_1410



2.こんな感じに。
IMG_1421



3.フライパンにごま油を熱し生地を半量流し入れて広げ片面焼き色着くまで焼く。ひっくり返して蓋して蒸し焼きして完成。
IMG_1422




4.切り分けて、大人はたれの材料を混ぜ合わせてつけてお召し上がりください。お子様はそのままで。
IMG_1519


2枚焼ける分量なので、1枚はお子様用に油少なめで蒸し焼きして。

もう1枚は大人用に、多めのごま油で、蓋をせず両面揚げ焼きしてあげるとより美味しいです。




   こんだて NOTE   
この日の献立は…

おちびの献立詳しくはこちら→☆★
IMG_1517


大人の献立詳しくはこちら→☆★
IMG_1521





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

モグモグ期〜
茄子とひき肉のペンネグラタン
IMG_1355



とーってもオススメ!
フライパンひとつで作れる、ペンネグラタンの取り分けレシピです


大人も子どもも、ご馳走気分で美味しく食べられると思います(o^^o)

離乳食用には味付け前に取り分けて、必要に応じて具材を刻みます。
大人用はその後で、ケチャップやソースなどの調味料で味付けします。
そのままでも美味しいですが、写真のようにチーズをのせてトースターで焼く一手間を加えるとより美味しいですよ♪(´ε` )

パンによく合います♡



ペンネはパスタと同じなので、離乳食中期(モグモグ期)から、柔らかく茹でて小さくカットすれば食べられます。
慣れないうちは、挽肉も包丁で刻んであげると食べやすくなります。挽肉などベーっと出してしまうお子さんは、刻んだものからトライしてみると良いです。

お子様に合わせた大きさにカットしてあげてください。

1歳4ヶ月のおちびはこのまま、スプーンや手で食べました。
大きいナスはその都度スプーンで小さくしながらあげました。

IMG_1354



今回は、フライパンひとつで手早く調理するので、マ・マーの早茹でパスタを使っています。
3分で茹で上がるペンネです。
1分半で茹で上がるフジッリタイプもあるのでそれもおススメです。
小さめなのでお子様もそのままのサイズでも食べやすいので便利ですよ(o^^o)


今回のレシピは多めに出来上がるレシピで、半量を大人2人分、残りを離乳食の冷凍ストックにも何食分か取り分けられる分量になっています。





IMG_1356

モグモグ期〜、茄子とひき肉のペンネグラタン

   材料*大人2人+離乳食5食程度分    
・合いびき肉   300g
・長茄子   4本
・玉ねぎ   1個
・えのき茸   1袋
・ペンネ   100g〜150g
・無塩バター   30g
・薄力粉   大さじ3
・水   600cc
・牛乳   300cc

〈大人用の味付け〉
・トマトケチャップ   大さじ4
・中濃ソースかウスターソース   大さじ2
・粒マスタード   大さじ1
・おろしにんにく   小さじ1
・コンソメキューブ   1個(粉タイプなら小さじ2)
・とろけるチーズ   適量
・愛情


  詳しい作り方   

1バターを熱し、挽肉を炒め、火が通ったらみじん切り玉ねぎと刻んだえのき茸を加えて炒める。
IMG_1317



2.あらかた火が通ったら、輪切りにした茄子を入れて、油が全体に馴染むように炒め合わせる。

IMG_1318


3.薄力粉を加えてなじませたら、真ん中に穴があくように周りに具材をよせ、真ん中に水とペンネを加える。ペンネの茹で時間に合わせて茹で、ペンネを柔らかくする。
(途中で水気がなくなりそうなら蓋をして蒸発しないようにする、または水を足してもよし)

IMG_1320


4.ペンネが柔らかくなったら全体を混ぜ合わせる。このときにはとろみが出ている。
IMG_1323


5.牛乳を入れて混ぜる。
IMG_1325


6.半量を離乳食用に取り分ける。お子様に合わせた大きさにカットする。またはそのまま。
IMG_1327


7.大人用のにケチャップ、ソース、マスタード、おろしにんにく、コンソメを入れて熱し混ぜ合わせる。
FullSizeRender


8.耐熱容器に入れて、とろけるチーズをのせてトースターでチンで完成。
IMG_1331




   こんだて NOTE   
この日の献立は…

IMG_1354
おちびの献立、詳しくはこちら→☆★


IMG_1360
大人ごはん献立についてはこちら→☆★



✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

モグモグ期〜
いんげんとえのき茸入り麻婆豆腐
IMG_0624



大人の味付けは、味噌やお醤油など、家にある調味料でできる、麻婆レシピです。

いんげんやえのき茸を入れて、一品でも栄養素たっぷりになるようにしてあるので、お子様の離乳食取り分けにも最適( ・∇・)



今回は、大人2人分と、半分をおちびの取り分けと冷凍ストックにできるレシピを載せます♪


IMG_0631




おちび用に取り分けたものもとろみをつけられるように、先にとろみづけをしてから取り分け、その後で大人用に味付けしてます。


モグモグ期~カミカミ期のお子様には、取り分けてから具材を刻んであげると食べやすくなります。




それでは作り方です*




IMG_0626

モグモグ期〜
いんげんとえのき茸入り麻婆豆腐

   材料*大人2人+おちび6食くらい分    
・豚ひき肉    400g
・長ねぎ   1本
・いんげん   1パック
・えのき茸   1袋
・水    400cc
・味噌   大さじ1程度
・濃口醤油   大さじ1程度
・豆板醤   小さじ1程度
・おろし生姜、おろしにんにく   各小さじ2/3程度
・鶏がらスープの素   小さじ1程度
・砂糖   大さじ1/2程度
・ごま油   大さじ1/2〜
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ3+水大さじ6)
・愛情


  詳しい作り方   

1ごま油で豚ひき肉を炒める。
IMG_0595




2.ねぎ、いんげん、えのき茸を入れて炒め合わせる。
IMG_0596





3.水を入れて蓋をして煮込み、具材をお子様が食べられる柔らかさまで煮る。お好みですが、おちび用の薄味をつけるためにお醤油少し入れて混ぜる、または味噌も少し溶かしてもOK。
IMG_0597





4.1度火を止めてく水溶き片栗粉を少しずつ入れてよく混ぜながら再加熱してとろみをつける。好みのとろみになったら、必ず沸騰させて数十秒混ぜる。
IMG_0599




5.おちび用に半量取り分ける。大人用のに残りの調味料を加えてよく混ぜながら加熱する。
IMG_0600




6.お豆腐を入れて崩れないように強火で素早く温めて完成。
IMG_0601



   Cooking NOTE   
✼ 取り分けなしのばあいは、先に味付けしてからとろみづけですが、取り分けしたいので順を入れ替えています。
 水の蒸発量によるので、水溶き片栗粉は様子を見ながら入れてください。
片栗粉は沸騰させることで冷めてもとろみが持続しやすくなります。
 お豆腐を入れてからはダラダラ加熱してしまうと水分が出て水っぽくなるので、素早く温めるだけにします。
お豆腐は冷凍すると食感がかわるので、おちび用に取り分けた冷凍ストックには、お豆腐は後入れします。


   こんだて NOTE   
この日の献立は…

IMG_0620

おちびのごはんくわしくはこちら→☆★



IMG_0628

大人ごはんの献立について詳しくはこちら→☆★



✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです 

赤ちゃんも大人も美味しい、あっさりなのに激うまな健康鶏鍋

IMG_0135




味付け前に取り分けしなくても、大人とそっくりそのまま同じものが食べられる、優しい味付けなのに、大人もなぜか美味しい鶏鍋です(o^^o)


鶏肉と野菜から出る旨味と、お醤油と、お塩だけの味付けだからとってもお手軽。

なのに本当に美味しいから試してみてほしいです♡


お鍋に材料ドーンと入れて煮るだけです♪



参考までに、離乳食完了期、1歳3ヶ月のおちびは、鶏肉も、白菜も、玉ねぎも、コーンも、大人と同じ形状のまま、自分でかじって食べられました。
ちなみにおちびは歯が生えるのははやめなので、上下8本ずつはえてます。


離乳食後期のお子様から、取り分けてカットしてあげれば食べられます。
お子様に合わせてください♪



〈ポイントや注意点〉

・鶏皮はお子様には脂肪分が多いので食べるときは取り除きます。
・白菜はお子様によっては噛み切りにくいので、できるだけ葉先を使ってあげると食べやすい。
・白菜も玉ねぎもお子様に合わせて柔らかくなるまで弱火で煮る。または蓋をしたまま柔らかくなるまで余熱で放置しても良い。
・鍋のスープは与えない。(わざわざ飲ませないということ。具材についている分は大丈夫。)
・離乳食の進み具合や段階は、月齢はあくまでも目安。普段の様子に加えて、歯の生え方も考慮する。




それでは作り方です*




IMG_0136

赤ちゃんも大人も美味しい、あっさりなのに激うまな健康鶏鍋


詳しい作り方と献立はこちら→☆★





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

↑このページのトップヘ