スープ

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

素材の旨味でほっこり美味しい、野菜たっぷりかぼちゃポタージュ
IMG_0921




野菜たっぷり、かぼちゃの甘味を生かした簡単ポタージュです。

お鍋で材料炒めて、お水入れて煮て、かぼちゃをお鍋の中で潰して、牛乳を入れて味付けして完成♪


コンソメ、砂糖を少量使った優しい味付けのレシピですが、素材の旨味たっぷりなので、離乳食期のお子様から大人まで美味しく食べられます♡

かぼちゃの甘味により、砂糖はなしでももちろんOKです✧


多めにできるので、冷凍保存もできますよ!



それでは作り方です*



IMG_0922

素材の旨味でほっこり美味しい、野菜たっぷりかぼちゃポタージュ


詳しいレシピはこちら→レシピ☆★






✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

赤ちゃんから大人まで美味しい、そら豆の簡単スープ
IMG_7730



ミキサーを使って滑らかに仕上げているので、取り分けるタイミング次第で、ゴックン期のお子様から食べられる取り分けレシピです♪


作る手順は、そら豆の薄皮とって玉ねぎを、にんにくと一緒に鍋で炒め煮して、煮汁ごとミキサーに。
その後牛乳と合わせてお鍋で味付けします。



ゴックン期後半のお子さんは、塩や油やにんにくや牛乳は使用せず、そら豆と玉ねぎを炒めず茹でるだけにして、ミキサーにかけてから取り分け。
その後大人は牛乳や生クリームと合わせて味付け。


モグモグ期のお子さんは、ゴックン期同様、塩や油やにんにくは使用せず、そら豆と玉ねぎを炒めず茹でるだけにしてミキサーにかけるまでは同じ。その後牛乳を少量入れて加熱した時点で取り分け。
その後大人は牛乳や生クリームを足して味付け。


カミカミ期以降のお子さんは、少量の塩や油やにんにくを使用できるので、レシピ通りに作り、鍋に戻して加熱後、味付け前に取り分け。
大人はその後味付け。

味付けはコンソメなので、無添加コンソメであればお子さんに合わせて少し入れてあげてもOKです✧


生クリームは離乳食期のお子さんには使用せず、大人も牛乳で作ると良いです✧


ちなみに、取り分けたスープの中には、おからパウダーやオートミールなど、ちょこっと入れてあげるのもおススメです♪
IMG_7696


どちらもカミカミ期ごろからなら、温かいスープに入れておいてふやかすだけで食べられます。


IMG_7733





それでは作り方です*



IMG_7729

赤ちゃんから大人まで美味しい、そら豆の簡単スープ


献立について詳しくはこちら→☆★



✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜大人まで美味しい、巻かないスープロールキャベツ
IMG_7086



大人も美味しい、取り分けレシピです。

味付け途中で取り分けるので、カミカミ期のお子さんから大人まで美味しい♡

肉だねは薄味でつくっているので、お子様も安心✧
大人は優しい味で健康的✧



肉だねには卵を使いません。つなぎは片栗粉です。

ふわふわだけど、少しの食べ応えも感じられる肉団子になるようにお豆腐を少量入れています。
より柔らかくしたい場合は、肉だねがまとまる範囲でお豆腐の量を増やしてあげればより柔らかくなります。


肉だねの調味料は、風味づけ程度にケチャップと中濃ソースを入れています。

どちらも少量であればカミカミ期のお子さんから使えます。


またスープにも少量の無添加コンソメを使用しています。
赤ちゃんコンソメを使用してももちろんOK。



具材は、大人目線のサイズでカットしています。
お子様により食べにくそうな場合は、お子様に合わせてあらかじめ小さくカットして作ってもOKですし、取り分けてから小さくカットしてあげても食べやすくなります。



ちなみに、取り分けを考えない、またはお子様が大きくなってきた時にもおすすめの、大人もしっかり味で美味しいレシピはこちらです→☆★



それでは作り方です*



IMG_7087

カミカミ期〜大人まで美味しい、巻かないスープロールキャベツ

   材料*大人2、3人+お子様5食分    
・豚ひき肉   400g
・塩   ふたつまみ〜
・ケチャップ、中濃ソース   各小さじ1
・片栗粉   大さじ1強
・お麩のすりおろしまたはパン粉   大さじ1強
・絹ごしどうふ   50g
・玉ねぎ   1/2個

・キャベツの葉   3枚
・人参   1本
・水   1200cc
・無添加コンソメ  小さじ2くらい
・生姜スライス   1きれ

大人用に足す
・コンソメやダシダや塩
・愛情


  詳しい作り方   

1キャベツは短冊切りにして、芯はみじん切りにする。人参はいちょう切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。


2.ひき肉と塩を素早くよくこねてから、ケチャップ、ソース、片栗粉、お麩のすりおろしまたはパン粉、お豆腐を入れてこねて、最後にみじん切り玉ねぎと、キャベツの芯を入れてこねる。肉団子のタネ完成。
IMG_7045



3.鍋にキャベツと人参、水、を入れて蓋をして熱し、野菜が柔らかくなるまで煮る。
IMG_7043



4.野菜が煮えたら生姜スライスとコンソメ小さじ2を入れて、肉団子を丸めてスープに落として煮ていく。フツフツするくらいの火加減で。
IMG_7047



5.肉団子が全部入ったら、あればアク抜きシート、なければ穴をあけたキッチンペーパーやアルミホイルや落し蓋などをのせて、蓋をせず5分〜肉に火が通るまで煮る。優しくフツフツするくらいの火加減で。
IMG_7048



6.肉に火が通ったら、おちび用に取り分ける。
IMG_7052



7.大人用に味付けを足して完成。
IMG_7053
IMG_7087


   Cooking NOTE   
✼ 肉だねもスープも、レシピ通りつくると優しい味になります。幼児食が進んできたお子さんには物足りないかもしれないので、お子様に合わせて調味料を増やしてあげてください。
参考までに、しっかり味で大人がバッチリおいしいと感じるレシピはこちらにあるので、それを参考に調節してみてください。
✼ お子様用に取り分けたものは、冷蔵保存で次の日まで。冷凍保存もできます。私はセリアの小さなタッパーに1食分ずつ冷凍しています。



   こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_7093
おちびの献立について詳しくはこちら→☆★


IMG_7097
大人の献立について詳しくはこちら→☆★



✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

我が家の「大人から取り分けるスープの冷凍ストック事情」
IMG_8331





我が家では、おちびが離乳食中期頃から、毎食と言っていいほど、味付けなしで野菜の旨味を味わうスープを献立に取り入れています。


離乳食中期頃は、まだまだ噛む力が弱いおちびが食べられるように、色々な野菜を細か〜く切って、圧力鍋でおちび用のスープの冷凍ストック作りをしていました。
1食に食べる量もさほど多くはなく、具材も細かい段階だったので、大きめの製氷皿に入れて冷凍して、凍ってからジップロックにうつして冷凍ストックしていました。
IMG_1062

この頃の詳しい作り方やアレンジの仕方はこちら→レシピ☆★




離乳食後期に入る頃から、スープ以外も大人ごはんから取り分けるようになってきたので、大人ごはんのスープを、おちびによせて作り、味付け前にたくさん取り分けて冷凍ストックするようになりました。


野菜たちを適度なサイズに切って、ひたひたになる水を入れて蓋をして熱し、おちびが食べられる固さになるまで蓋をして煮ます。
沸騰してからは弱火で熱し、煮汁が減りすぎないようにします。

火を止めて蓋をしたまま少し放置しても、さらに野菜が柔らかくなるので、理想の野菜の固さの少し手前で火を止めて、蓋をして余熱で蒸すのもオススメです。

IMG_1910



具材や切り方はその時により色々ですが、オススメはアクが少なく甘みが出やすい、玉ねぎ、人参、キャベツです。
その他はその時にもよりますが、小松菜、大根、アスパラガス、いんげん、えのき茸などもよく使います。


(芋類は、冷凍すると食感がかわるし、煮崩れてスープが濁るので基本的には使いません。かぶも煮崩れしやすいので使いません。)


野菜だけの旨味ですが、玉ねぎやキャベツや人参を使うと、甘みがよく出て、大人も味付けなしでも野菜の甘みが感じられて美味しいのです。

おちびのは味付けせずに、セリアの保存容器で冷凍ストックします?



そして、野菜が柔らかくなったら、大人用のスープの調理の仕方が2パターンあります。


〈その1〉
おちび用に先に取り分けてからお鍋で大人用の味付けを足す。


おちび用に、味付け前のスープと具材を、セリアの保存容器に入れます。大人用を残して、残りは全部おちび用の冷凍ストックにまわします。

IMG_8331


そのあとで、鍋に残った大人のスープに味付けしたり、時には食材をプラスして調理します。

例えば、大人用のスープを多めに残して、冷凍餃子と鶏がらスープの素と醤油を入れて水餃子スープに。

ウインナーやベーコンを入れてコンソメ入れてポトフ風に。

お豆腐や油揚げやなめこなどとお味噌を入れてお味噌汁に。

具材は足さずに味付けだけする場合もあります。

中華風にするときは、そうみしゃんたんやウェイパー、または鶏がらスープの素と醤油、そこにごま油を少したらします。

洋風の時はコンソメを溶かして、ときにはオリーブオイルやおろしにんにくもプラスします。

和風にするなら単純に味噌を溶かします。

IMG_5635




その2
大人用を先に器によそり、味付けは器で直にして即席スープにして、残りを全ておちびの冷凍ストックにまわす。


大人用のスープは、スープの容器に、先程書いたような調味料を直に入れておき、そこにスープを入れて混ぜるだけの簡単スープにします。

お鍋に残った味付け前の野菜スープは、冷めてから、セリアの保存容器に入れて、全ておちびの冷凍ストックにまわします。



その1もその2も、おちびの次の日用のスープは冷凍せずに、密閉容器に入れて冷蔵保存します。
そうすると次の日はスープを解凍せず準備の時間を時短できます(๑╹ω╹๑ )



という感じで、我が家では大人の夜ごはんのスープは、おちびが食べられる甘さが出やすい具材にして、大量に作り、多めに取り分けておちびの冷凍ストックにまわしています♪(´ε` )



そして、野菜スープを作るときには、ついでにいんげんやスナップエンドウやアスパラガスなど、ほかに茹でるものがある時は同時に茹でて時短もしています。

飾り用に型抜きした人参は、お茶のパックや出汁パックに入れて一緒に茹でることもあります。
IMG_5632

↑右下のパックだしは、お気に入りの食塩無添加の出汁パックで、甘みがあまり出ない野菜の組み合わせでスープをつくるときには、このパック出汁も入れて作ります。

(我が家のおちび、甘みが出ない野菜で作ったスープだと、美味しくないからかあまり食べないので、パック出汁の旨味をたすんです)




おちびの野菜スープはね、解凍してから、牛乳やお豆腐や納豆やしらすなどをプラスするときもあるし、冷凍ストックのいわしのつみれとか、マッシュしたじゃがいもやさつまいもなどと合わせてポタージュ仕立てにすることもあります。
牛乳や豆腐や納豆は冷蔵庫から出してすぐのものを、スープの器にただ入れるだけです。
1歳を過ぎた頃からは、できるだけ牛乳をたすようにしています。
IMG_5633



白ごはんの進みが悪い時には、野菜スープに納豆ととうもろこしフレークを混ぜてご飯と一緒に食べさせたり、大好きなかぼちゃをつぶしたものや牛乳やホワイトソースと混ぜて、即席かぼちやシチューにして食べさせたり、といったことにも使っていました。
IMG_5634




我が家では、離乳食中期ごろからこうやってクタクタに煮た野菜スープを、とろみをつけずに毎食のように出していたので、コップ飲みの練習はしていませんでしたが、いつもスープの具材を食べた後に、ゴックンって言いながらスープを直飲みさせていたので、気がついたら1歳過ぎごろからコップ飲みができるようになりました。


もちろん、1歳ごろまではスープのお皿に手を突っ込んだりガチャガチャこぼしたりひっくり返したりしそうだったので、届かないところに置いて私がアーンしてたときもありました。

でも、いつ頃かは定かではないですが、1歳あたりからはプレートの上において食べさせるようになり、1歳2ヶ月ごろからおちびがスプーンですくって食べることもチラホラと出てきて、1歳半の今ではスプーンで自分ですくって食べ、最後は器を持ち上げて直にスープを飲むこともあります。


スープの味付けは、おちびがこの野菜の旨味+牛乳だけのスープを飲まなくなってきたら、少しずつしていこうと思いますが、飲んでくれるうちは味付けしないでいきたいと思っています。





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
お越しくださりありがとうございます

"のんすけの*幸せごはん*"
離乳食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけの*幸せごはん*の
お料理レシピ一覧が画像で見られます  

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

スプーン練習に、さつまいもとカリフラワーのミルクスープ
IMG_6915



スプーンからおちにくいので、スプーン練習にピッタリのスープです。

さつまいもとカリフラワーをマッシュして、飲むというより、食べるスープ。


さつまいもの自然の甘味で、我が子はかなりお気に入りのレシピです。

パクパク期(完了期)からのスプーン練習にはもちろん、もぐもぐ期(中期)ごろからも取り入れられます。

もぐもぐ期(中期)からは、少しずつ加熱した牛乳を離乳食に取り入れて、牛乳に慣れさていくことも大切なので、これまたオススメです。

牛乳に慣れないお子様には、牛乳を少量から、加熱してからお使いくださいね。


慣れてきてからは、加熱しない牛乳をそのまま使えるので楽ちんに作ることができます。


我が家では、さつまいももカリフラワーも冷凍ストックしておき、レンチンで解凍して使っているのであっという間にできますよ♩


さつまいもだけでももちろんOKですし、かぼちゃでも同様にできるので、スプーン練習を始めたお子様には、ぜひお試しください。




それでは作り方です*



IMG_6916

スプーン練習に、さつまいもとカリフラワーのミルクスープ

   材料*    
・さつまいも
・カリフラワー
・牛乳
・お好みで青のり
・愛情

   詳しい作り方    
1.茹でるか、レンチンか、炊飯器で炊くか、などなどお好みの方法で柔らかくしたさつまいもと、柔らかく茹でたカリフラワーをスプーンなどで潰す。


2.牛乳を少しずつ入れて混ぜ、スプーンですくっておちにくい柔らかさまでのばしていく。柔らかさはお好みです。


3.お好みで、離乳食後期以降のお子様には青のりをパラリとして完成。
IMG_6916


   Cooking NOTE   
✼ 牛乳は、離乳食中期から離乳食に取り入れて慣らしていくことが大切です。はじめは少量を加熱してから使います。アレルギーや消化不良がなければ、徐々に量を増やして、加熱なしで使えるようにしていきます。
 青のりは、離乳食中期から使うことができます。少量から試してください。



   こんだて NOTE   
この日の献立は…

IMG_6914
IMG_6866

この日の献立についてはこちら→☆★






✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチッと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

のんすけの*幸せごはん*もよろしくです♡

↑このページのトップヘ