豚肉

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の子どもごはんはこちらです

チンジャオロースから子ども分を美味しく取り分けるには
IMG_8459



チンジャオロース。
ここでご紹介するレシピは、

から取り分けるレシピです♪(´ε` )



豚肉と筍とピーマンと人参を炒め合わせて、オイスターソースや醤油ベースの合わせ調味料を絡めてつくる青椒肉絲。


離乳食期や幼児食期のお子さんに取り分けるときにはいくつか気をつけたいポイントがあります。


1、味付けが濃いめだから味付け前に取り分ける。

2、大人も美味しく食べるには、野菜がしなっとしないようにさっと炒めるだけなので、お子様には固くて食べにくい。

3、下味に使っている酒をよく煮とばす。



これらのことをふまえて、我が家ではこんな感じに取り分けて一手間加えています。


具材を炒め合わせたら、おちびのを取り分け
IMG_8440



大人用には通常通り合わせ調味料を入れて味付けし、お皿に盛り付ける。
IMG_8439



フライパンをさっと洗って、取り分けたおちびのチンジャオロースをフライパンに入れて、少量のお水を入れて蓋をして柔らかくなるまで蒸し煮する。
IMG_8443
野菜が柔らかくなるし、お酒もしっかりとぶので安心。



野菜が柔らかくなったら、味付けが必要な場合は少し醤油をかけて軽く炒める。
幼児食が進んでいる場合はオイスターソースも少し入れてもOK。

お子様に合わせて具材をキッチンバサミや包丁でカットしてあげて完成。
IMG_8463


大きさは大きいままで、前歯でかじってほしいなーっていう思いがあるママもいるかもしれませんし、大きいままでも食べてくれるお子さんもいるかもしれませんが、、、


月齢と食べ物のサイズの目安は

9〜11ヶ月のお子さんは5〜8ミリ角。
硬さはバナナの固さくらい。指で簡単に潰せるくらい。

1歳〜1歳半のお子さんは1cm。
固さは肉団子の固さくらい。これまた指で潰せるくらい。


と、案外小さいんですよね。

噛めているようにみえても、実はほぼ丸々飲み込んでいたなんてこともめずらしくなく、きのこが丸々うんちに出てきたー!噛めてないけど飲み込んでたのねー!ってこともあります。


あまり気にしすぎなくても良いですが、離乳食や幼児食を段階通りに進めたい、はやく大人が食べるものに近づけたい、という気持ちよりも、お子さんの身体と心の負担にならないように、お子さんに合わせて進めることが1番大事だと思います。


お肉や野菜をベーっと出してしまう場合や、見た目で拒否してしまう場合は、「お肉食べない!野菜食べない!」と決めてしまう前に、固さや大きさを調節してあげて、何度もトライしてみるのもアリかと思います♪( ´▽`)



特に、今回のチンジャオロースの豚肉や筍やピーマンは、9ヶ月ごろから食べさせることはできますか、噛み切るのはなかなか難易度が高いです。

食べやすい目安に沿った大きさ、またはそれより小さくカットしてあげるのが大事たと思います♪(´ε` )



IMG_8460

チンジャオロースから子ども分を美味しく取り分けるには


詳しいレシピと作り方はこちら→調味料オール1、覚えやすい人参入り青椒肉絲




✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜、和風豚丼あんかけ
IMG_5111




おちびは、出汁と薄味の醤油と味噌味。
大人はそこに白だしと塩で味をプラス。


フライパンひとつで順に具材を炒めて、軽く煮てとろみづけするだけの、簡単レシピです。


苦味のあるピーマンも、お子さんが食べやすくなるための簡単な一手間?一工夫?
もあります♪



具材は、お子様に合わせて取り分けてからカットしてください。

幼児食が進んできたお子さんには、お子さんに合わせて醤油とお味噌の量を増やしたり、白だしも入れて取り分けたりしてもOKです(๑╹ω╹๑ )


大人2人分と、お子さん用は具材も含めて大さじ3強を6食分取り分けられるレシピです。

離乳食期や幼児食に入ったばかりのお子さんは、5食分くらい冷凍ストックもできます。
(私は1食分ずつ、セリアの保存容器に入れて冷凍しています。)

幼児食が進んで食べる量が増えてきたお子さんは、1食分の量も多くなるので、数は減りますね✧



それでは作り方です*


IMG_5112

カミカミ期〜、和風豚丼あんかけ

   材料*大人2人+おちび大さじ3強×6食分    
・豚肉切り落とし   300g
・ピーマン   5個
・小松菜   1束
・椎茸   6枚
・塩胡椒   少々
・片栗粉   大さじ1
・ごま油   大さじ1/2〜
・濃口醤油、味噌   小さじ1
・食塩無添加の出汁パックの中身または削り節   5g
・水   350cc
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1.5+水大さじ3)

〈大人のに足す調味料〉
・白だし   大さじ1程度
・塩胡椒   適量
・愛情


  詳しい作り方   

1豚肉は塩胡椒を少々ふり、片栗粉大さじ1を揉み込んでから、ごま油で炒める。1枚ずつ入れるのが面倒なら、フライパンにドーンと入れて、ほぐしながら炒めればOK。中火。
(そのとき、ピーマンになれないお子さんの場合は、細切りにしたピーマンも同時に炒めておく)
IMG_5004
IMG_5006



2.豚肉に火が通ったら、一口大に切ったピーマン、スライスした椎茸、ざく切りした小松菜をどさっと入れて炒め合わせる。最初は山盛りだけど炒めるとかさが減るので大丈夫。中火。焦げそうなら弱めて。
IMG_5008
IMG_5009



3.野菜がしんなりしたら、水、醤油、味噌、出汁パックの中身または削り節を入れて数分煮て、水溶き片栗粉をまわしかけてよく混ぜながらとろみをつける。
とろみがついたらグツグツ煮立たせてかき混ぜながら1分煮る。(しっかり煮立たせることでさめてもとろみが持続しやすくなります)
IMG_5010



4.おちび用に大さじ3強×6食分を目安に取り分ける。
(ピーマン細切りを先に炒めた場合は、細切りのものを拾って。)
IMG_5011



5.大人用に白だしを入れて再度加熱してとろみが出るまで軽く煮詰め、塩胡椒で味を整えて完成。
(大人用を煮詰めてもとろみがゆるくなってしまったときは、水溶き片栗粉で再度とろみづけしてください。)
IMG_5073



   Cooking NOTE   
✼ ピーマンは、細切りにして最初から炒めておくことで、より柔らかくなって苦味も和らぎ、お子様も食べやすくなります。取り分ける時に細切りを探すのは手間ですが、お子様に合わせて取り入れてみてください。
 具材は取り分けてからお子様に合わせたサイズにカットしてください。特にお肉と椎茸は噛み切りにくいので、離乳食期のお子さんにはカットするのがおススメです。
取り分ける量や煮詰める具合により、味の濃さをみながら調味料の量を調節してください。
 取り分けた冷凍ストックは、2週間を目安に使い切ってください。


   こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_5114
大人ごはんの献立について詳しくはこちら→☆★


IMG_5113
おちびごはん献立について詳しくはこちら→☆★



✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜、下味つけた豚の生姜焼きを取り分けるための裏技
IMG_3534



豚の生姜焼き。
お肉を柔らかく、味しみで美味しく作るには、やっぱりお肉を下味にしばらくつけておいてから焼くのが1番です!

でも、おちびの取り分けをしたいから、離乳食期のお子さんがいる時期はなかなかお肉に下味をつけるお料理は避けがち。


でも、しっかり美味しく下味つけて焼いたお肉や野菜も、水や熱湯につけておけば薄味にできるから、バッチリ取り分けられます(๑╹ω╹๑ )


薄味でも噛むと旨味が感じられるし、下味をしっかりつけていたお肉は柔らかく仕上がるから、食いつきも良いかもしれません✧



というわけで、定番レシピの豚の生姜焼きの大人レシピのリンクをご紹介。

出来上がったお肉と玉ねぎを、お子様に合わせたサイズに切ってから、お水や熱湯につけて味を薄くしてから取り分けます♪(´ε` )


取り分けたおちびの生姜焼きはこんな感じに✧

納豆巻きの右側です。

IMG_3536


玉ねぎは、レンチンしてから生姜焼きのお肉と炒め合わせるので、柔らかくなっていておちびも食べやすいですよ。


↓↓↓

IMG_3540









✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

↑このページのトップヘ