野菜


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

1歳頃〜大人まで、きゅうりの大根おろし和え
IMG_6134



1歳を過ぎた頃から、少しずつ生野菜にトライしたいと思い始めるママもいらっしゃるかと思います。


1歳を過ぎれば、歯のはえ具合や消化機能など、身体の発達的には生野菜を食べる準備は整ってくることも多いですが、実際にお子さんが食べてくれるかどうかは別のお話♪(´ε` )


でも、生野菜食べてくれたらママは楽だし、生の野菜には酵素も含まれているから身体にも良いし、幅も広がるから嬉しいですよね✧



生野菜はトマトやきゅうりやレタスなど、少量からトライする方が多いのかな?

今日のレシピは、うすくスライスしたきゅうりを、大根おろしとその他の調味料類と和えたレシピです。

きゅうりがしんなりして、ほんのり薄味もついて食べやすくなります。

大根おろしは甘みが強い、葉に近い部分を使うのがポイントです。


我が家の1歳半のおちびは、なぜか私の箸でアーンして食べさせると、このきゅうりを際限なく食べてくれます。
もちろん、気分次第、タイミング次第で食べないときもあります。

薄味だけど大人も一緒に食べられるので、幅を広げてあげるためにも、大人と同じのを食べてくれたらラッキー✧
くらいの気持ちでトライしてみるのもおススメです( ・∇・)



(より食べやすくするには、きゅうりの皮をむいたり、さっと湯通ししたりして、柔らかくしてあげるのも良いですよ。)



レシピの下には、きゅうりのレシピ他にもリンク載せておきます。




それでは作り方です*


IMG_6135

1歳頃〜きゅうりの大根おろし和え

   材料*保存容器中    
・きゅうり   2本
・大根   4cmくらい
・塩   小さじ1/4
・濃口醤油   小さじ1
・穀物酢   小さじ1
・砂糖   小さじ1/2
・すりごま   大さじ1
・削り節   大さじ1
・愛情


  詳しい作り方   

1きゅうりはスライサーでうすくスライスして、塩をまぶして10分程度おき、水気をぎゅっとしぼる。


2.大根は皮をむき、すりおろす。水気はぎゅっとしぼらず、すりおろした実の部分をすくう感じでかる〜く水気をにがして使う。


3.材料を全て混ぜ合わせて完成。
IMG_6095



   Cooking NOTE   
✼ 鰹節とすりごまは、薄味だから風味づけのために入れているのもあるし、大根おろしが水分多いから、こういう乾燥物入れると水分吸ってくれて味がからむし、日持ちしやすくなるので入れています。
✼ 水分が多いので、作って次の日くらいには食べきるようにしてください。結構な量なので、半量から試してみるのもおススメです。
作って少しおくと、しんなりしてより食べやすくなります。
 大人はお好みでポン酢などかけてもより美味しいです。


   レシピ NOTE   
他にも生のきゅうりのレシピ、、、

IMG_6146


IMG_6147





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜大人まで、野菜たっぷりすぎるフワッフワ豆腐入りハンバーグ
IMG_6137




卵不使用!!!


合挽き肉と、合挽き肉の半分の量の木綿豆腐、これでもかってくらいの量のみじん切り野菜でカサ増ししていて、ヘルシーだけど食べ応えバッチリのハンバーグレシピです♪


お豆腐入りのハンバーグだねは、ハンバーグなのに、滑らかな舌触りでフワッフワ♡♡


ハンバーグやお肉をベーっと出してしまう〜というお子さんにも、試してもらいたいレシピです。
中に入れるみじん切り野菜は、1歳半の我が家のおちびは生のまま入れていますが、お子さんに合わせて、先にレンチンしたり炒めたりして柔らかくしてあげると、より食べやすくなりますよ✧

野菜嫌いなお子さんには野菜の量を減らしてあげるのも手です。



ハンバーグ自体にはほとんど味付けしていないので、離乳食期のお子様から大人まで同じものを一緒に食べることができます。


お子様は何もつけず、幼児食が進んできた頃には、ケチャップやソースも合います。
大人はおろしポン酢と大葉がとっても良く合います(๑╹ω╹๑ )


私は、大きな大人用ハンバーグを2個。

おちびの冷凍ストックもついでに作るために、ミニハンバーグを12個つくりました。





IMG_6138

    詳しいレシピと作り方はこちら    
↓↓↓







✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

我が家の「大人から取り分けるスープの冷凍ストック事情」
IMG_8331





我が家では、おちびが離乳食中期頃から、毎食と言っていいほど、味付けなしで野菜の旨味を味わうスープを献立に取り入れています。


離乳食中期頃は、まだまだ噛む力が弱いおちびが食べられるように、色々な野菜を細か〜く切って、圧力鍋でおちび用のスープの冷凍ストック作りをしていました。
1食に食べる量もさほど多くはなく、具材も細かい段階だったので、大きめの製氷皿に入れて冷凍して、凍ってからジップロックにうつして冷凍ストックしていました。
IMG_1062

この頃の詳しい作り方やアレンジの仕方はこちら→レシピ☆★




離乳食後期に入る頃から、スープ以外も大人ごはんから取り分けるようになってきたので、大人ごはんのスープを、おちびによせて作り、味付け前にたくさん取り分けて冷凍ストックするようになりました。


野菜たちを適度なサイズに切って、ひたひたになる水を入れて蓋をして熱し、おちびが食べられる固さになるまで蓋をして煮ます。
沸騰してからは弱火で熱し、煮汁が減りすぎないようにします。

火を止めて蓋をしたまま少し放置しても、さらに野菜が柔らかくなるので、理想の野菜の固さの少し手前で火を止めて、蓋をして余熱で蒸すのもオススメです。

IMG_1910



具材や切り方はその時により色々ですが、オススメはアクが少なく甘みが出やすい、玉ねぎ、人参、キャベツです。
その他はその時にもよりますが、小松菜、大根、アスパラガス、いんげん、えのき茸などもよく使います。


(芋類は、冷凍すると食感がかわるし、煮崩れてスープが濁るので基本的には使いません。かぶも煮崩れしやすいので使いません。)


野菜だけの旨味ですが、玉ねぎやキャベツや人参を使うと、甘みがよく出て、大人も味付けなしでも野菜の甘みが感じられて美味しいのです。

おちびのは味付けせずに、セリアの保存容器で冷凍ストックします?



そして、野菜が柔らかくなったら、大人用のスープの調理の仕方が2パターンあります。


〈その1〉
おちび用に先に取り分けてからお鍋で大人用の味付けを足す。


おちび用に、味付け前のスープと具材を、セリアの保存容器に入れます。大人用を残して、残りは全部おちび用の冷凍ストックにまわします。

IMG_8331


そのあとで、鍋に残った大人のスープに味付けしたり、時には食材をプラスして調理します。

例えば、大人用のスープを多めに残して、冷凍餃子と鶏がらスープの素と醤油を入れて水餃子スープに。

ウインナーやベーコンを入れてコンソメ入れてポトフ風に。

お豆腐や油揚げやなめこなどとお味噌を入れてお味噌汁に。

具材は足さずに味付けだけする場合もあります。

中華風にするときは、そうみしゃんたんやウェイパー、または鶏がらスープの素と醤油、そこにごま油を少したらします。

洋風の時はコンソメを溶かして、ときにはオリーブオイルやおろしにんにくもプラスします。

和風にするなら単純に味噌を溶かします。

IMG_5635




その2
大人用を先に器によそり、味付けは器で直にして即席スープにして、残りを全ておちびの冷凍ストックにまわす。


大人用のスープは、スープの容器に、先程書いたような調味料を直に入れておき、そこにスープを入れて混ぜるだけの簡単スープにします。

お鍋に残った味付け前の野菜スープは、冷めてから、セリアの保存容器に入れて、全ておちびの冷凍ストックにまわします。



その1もその2も、おちびの次の日用のスープは冷凍せずに、密閉容器に入れて冷蔵保存します。
そうすると次の日はスープを解凍せず準備の時間を時短できます(๑╹ω╹๑ )



という感じで、我が家では大人の夜ごはんのスープは、おちびが食べられる甘さが出やすい具材にして、大量に作り、多めに取り分けておちびの冷凍ストックにまわしています♪(´ε` )



そして、野菜スープを作るときには、ついでにいんげんやスナップエンドウやアスパラガスなど、ほかに茹でるものがある時は同時に茹でて時短もしています。

飾り用に型抜きした人参は、お茶のパックや出汁パックに入れて一緒に茹でることもあります。
IMG_5632

↑右下のパックだしは、お気に入りの食塩無添加の出汁パックで、甘みがあまり出ない野菜の組み合わせでスープをつくるときには、このパック出汁も入れて作ります。

(我が家のおちび、甘みが出ない野菜で作ったスープだと、美味しくないからかあまり食べないので、パック出汁の旨味をたすんです)




おちびの野菜スープはね、解凍してから、牛乳やお豆腐や納豆やしらすなどをプラスするときもあるし、冷凍ストックのいわしのつみれとか、マッシュしたじゃがいもやさつまいもなどと合わせてポタージュ仕立てにすることもあります。
牛乳や豆腐や納豆は冷蔵庫から出してすぐのものを、スープの器にただ入れるだけです。
1歳を過ぎた頃からは、できるだけ牛乳をたすようにしています。
IMG_5633



白ごはんの進みが悪い時には、野菜スープに納豆ととうもろこしフレークを混ぜてご飯と一緒に食べさせたり、大好きなかぼちゃをつぶしたものや牛乳やホワイトソースと混ぜて、即席かぼちやシチューにして食べさせたり、といったことにも使っていました。
IMG_5634




我が家では、離乳食中期ごろからこうやってクタクタに煮た野菜スープを、とろみをつけずに毎食のように出していたので、コップ飲みの練習はしていませんでしたが、いつもスープの具材を食べた後に、ゴックンって言いながらスープを直飲みさせていたので、気がついたら1歳過ぎごろからコップ飲みができるようになりました。


もちろん、1歳ごろまではスープのお皿に手を突っ込んだりガチャガチャこぼしたりひっくり返したりしそうだったので、届かないところに置いて私がアーンしてたときもありました。

でも、いつ頃かは定かではないですが、1歳あたりからはプレートの上において食べさせるようになり、1歳2ヶ月ごろからおちびがスプーンですくって食べることもチラホラと出てきて、1歳半の今ではスプーンで自分ですくって食べ、最後は器を持ち上げて直にスープを飲むこともあります。


スープの味付けは、おちびがこの野菜の旨味+牛乳だけのスープを飲まなくなってきたら、少しずつしていこうと思いますが、飲んでくれるうちは味付けしないでいきたいと思っています。





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜、大人も子どもも美味しすぎるツナと野菜のドライカレー
IMG_5235



たーっぷりの野菜を、ツナ缶とコーン缶と合わせて、フライパンひとつでできちゃう簡単ドライカレー。


細かく刻んだ野菜の旨味がギュギュギュッとひきだされて濃縮されたドライカレーは、自然の旨味たっぷりです♡
何気ない調理の手順や、ほんの少しの調味料も、お子様が食べてくれる味になるかならないか、かかってくると思います。
お子様分は少ない調味料で仕上げる分、素材の旨味を引き出して、お子様の苦手な酸味はできるだけ和らげて、、、などなど、一応こだわっているのです♪



大人用のドライカレーは、カレー粉の他に、いつもケチャップやウスターソースやコンソメで味付けするのですが、おちび用にはこれらの調味料は使いません。

より自然な食材でこれらの調味料にかわる味をつけるために、生のトマトとお塩を使います。


また、大人には少し多めに入れるとコクが出て美味しくなるバター。
おちびはバターは控えめにする代わりに、ヨーグルトを入れてコクを出します。


なので、少ない調味料だけど、大人だけじゃなくておちびも美味しく食べられるんです(๑╹ω╹๑ )


野菜が苦手なお子さんや、離乳食期で野菜の食感が残ると食べてくれない場合などは、野菜をしっかり煮込んで柔らかくするのがポイントです。


今回のレシピでは、食べる量にもよりますが、大人3、4人分+おちび6食分できます。

我が家では大人は次の日のついで作り置きもできました✧
IMG_5231



おちびもセリアの保存容器に入れて冷凍ストック分もできました。

IMG_5230





それでは作り方です*




IMG_5239

カミカミ期〜、大人も子どもも美味しすぎるツナと野菜のドライカレー

   材料*大人3、4人+おちび大さじ3×6食分    
・ツナ缶(ノンオイルで食塩あり) 2缶
・玉ねぎ   2個
・ピーマン   2個
・茄子   2本
・人参   1本
・えのき茸   1袋
・トマト   2個
・コーン缶   大さじ山盛り3
・無塩バター   10g
・おろしにんにく、おろし生姜   各小さじ1/2
・砂糖または蜂蜜   小さじ1
・塩   小さじ1/3〜
・カレー粉   小さじ1
・ヨーグルト   大さじ3
・水   100cc

〈大人用に足す調味料〉
・ケチャップ、ウスターソース   各大さじ1強
・バター   10g
・カレー粉   大さじ1
・おろしにんにく   小さじ1
・はちみつ   大さじ1/2
・コンソメ   小さじ1
・愛情


  詳しい作り方   

1トマト以外の、みじん切りした野菜、おろしにんにく、おろし生姜を無塩バターで炒める。はじめにしっかり炒めることで、野菜を煮たときに旨味が出やすくなる。
IMG_5210



2.野菜に火が通ってきたところで、砂糖、カレー粉も入れてさらによく炒める。野菜がしんなりするくらい。砂糖は分子が大きいから先に入れないと甘みが具材に入らないので先に。
IMG_5212



3.真ん中をあけて角切りしたトマトを入れて軽く潰して混ぜながらグツグツ煮立たせる。ここでトマトの酸味をとばすイメージ。
IMG_5213



4.トマトが潰れてグツグツ少ししたら、塩、ヨーグルト、コーンを入れて炒める。お水を入れて蓋をして、野菜がやわらかーくなるまで煮る。
この時点で、幼児食が進んできたお子さんには、コンソメやケチャップやソースなど、お子様に合わせて調味料を使って味をつけてください。
IMG_5214



5.野菜が柔らかくなったら、ふたをとり、火を強めて水分が少し減るまで煮詰めて、おちび用を取り分ける。目安は大さじ3×6食分。おちび用は少し水分が残るくらいで取り分けるのがおススメ。食べやすいし、大人用はさらに煮詰めるからこの時点で少し水分が残っていない出来上がりがかなりドライになる。
IMG_5230


6.大人用に、バター、ケチャップ、ウスターソース、コンソメ、おろしにんにく、はちみつ、カレー粉を入れて数分炒めながら煮詰めて完成。
IMG_5216


   Cooking NOTE   
✼ 取り分ける量や煮詰める量により、調味料の量は加減してください。
 大人用に足す調味料、ウスターソースは中濃ソースでもOKです。
幼児食が進んできたお子さんには、コンソメやケチャップやソースなど、お子様に合わせて調味料を使って味をつけてください。
 カレー粉やおろしにんにくはしっかり加熱することで旨味がでるので、大人用に調味料を足した後は数分しっかり煮てください。
✼使用したカレー粉はこれです。食塩が添加されていないタイプのものです。似たようなもので、食塩が添加されているタイプもあるので注意。
IMG_5313


違うメーカーですが、缶タイプのものもありますよ✧
IMG_5315



   こんだて NOTE   
この日の献立は…
IMG_5242
大人ごはんはこちら→☆★

おちびごはんはこちら→☆★
IMG_5234





✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼ ✼✬
"のんすけのおいしいくらし"
離乳食*幼児食blogです

よろしければポチッとお願いします♡
のんすけのおいしいくらしと簡単オシャレシピの
お料理レシピ一覧が画像で見られます  


✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬✼✬



今日の離乳食はこちらです

カミカミ期〜大人まで、野菜たっぷりおから入りハンバーグ
IMG_5168



卵不使用!!!


おからパウダーと、これでもかってくらいの量のみじん切り野菜でカサ増ししていて、ヘルシーだけど食べ応えバッチリのハンバーグレシピです♪



ハンバーグ自体にはほとんど味付けしていないので、離乳食期のお子様から大人まで同じものを一緒に食べることができます。

我が家の1歳半のおちびは、かなり気に入って、真っ先にでづかみでたいらげてくれました。


お子様は何もつけず、幼児食が進んできた頃には、ケチャップやソースも合います。
大人はおろしポン酢と大葉がとっても良く合います(๑╹ω╹๑ )


私は、大きな大人用ハンバーグを3個。

おちびの冷凍ストックもついでに作るために、ミニハンバーグを8個つくりました。


詳しいレシピと作り方はメインブログに更新しました。
↓↓↓


IMG_5169






✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼✼

お料理は 食べてくれる人がいるから 
はりきって  つくりたい と 思うもの。
美味しい と いってくれる人への 
感謝のキモチ  れずに 
愛情こめて 幸せな気持ちでお料理したいです。


最後までご覧くださりありがとうございます。

最後にポチっと応援お願いします♡

読者登録 よろしくお願いします♡

大人ごはんのレシピや献立
くらしについてのメインブログはこちらです♡

↑このページのトップヘ